スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |

壱州弁講座(仮) その2

壱岐の方言、壱州弁。前回はこちら

雰囲気でわかる方もいるかと思いますが、いかがでしょう?


■壱州弁

夫「今度ん盆なぁ、おんちゃんたちゃ〜来らすとで?」
妻「けねやね来らすごたるよ」
夫「そらぁ、よぉ〜っとなおしちょかなよ!」
妻「そん、おろよかきびしょしのべなたい(笑)」


  どうでしょう?わかりましたか?翻訳はこちら
          ↓


■一般
夫「今度のお盆は、おじさん達は来るのかな?」
妻「家族みんないらっしゃるみたいよ」
夫「それは、きちんと掃除しとかないといけないよ!」
妻「その古くなった急須も片付けないとね(笑)」




■今回の壱州弁
おろよい (古い、こわれた、こわれかけの)
しのべる・なおす (片付ける)
けねやね (家族みんなで)
きびしょ (きゅうす)


九州地方だったらわかりやすいかも知れませんが、どうでしょう?
壱州弁は不定期に更新します♪ お楽しみに〜


| 壱州弁 | 23:39 | comments(11) | trackbacks(0) | - |

壱岐の方言

長崎県の壱岐・対馬は「壱州・対州(いしゅう・たいしゅう)」と呼ばれます。
古い言い方ですが、今でもおじいちゃん、おばあちゃんは普通に使います。

最近有名になりつつある「壱岐牛」も、壱岐の島では「壱州牛(いしゅうぎゅう)」と言われていますし、壱岐の方言も、「壱州弁(いしゅうべん)」といいます。

壱州弁は、壱岐が福岡に近い事もあってか、長崎弁よりも福岡の郡部と近いイントネーションです。(長崎弁とは全く違う!!)
高校を卒業して福岡の大学に入学すると全国各地の人達がいて、一番近いなまりだなぁと思ったのが、やはり福岡県直方(のおがた)の方言でした。
「〜ち」「〜ばい」という九州弁の使い方が近い気がしたんでしょうか。

帰省した時の壱岐の友人の方言が、壱岐を離れていた私には強烈で、余計に壱州弁に敏感
にさせたのかもしれません。

そんな壱州弁で、一番他の地域と違う言葉だと思うのが、
【いっきょい】 です。
(博多弁の【ちかっぱ】【ちかっぱぃ】と同じ意味)

【とっても、すごく】という意味で、
・「いっきょいうまか!」(とってもおいしい!)
・「いっきょいびびった!」(とってもびっくりした!)
という風に使います。

今まで誰に聞いても「いっきょい」の意味をわかる人がいなかったので、多分壱岐独自の方言なのかな? と思っています。

次回から、思いついた時に「壱州弁」も更新していきたいと思います♪



※余談ですが、福岡の方なら、マツキヨが初めて天神にできた時のCM、
 憶えてますよね?! 「ちかっぱビックリ!!」って女の子が言うCM。
 あれを見た時には、さすが全国チェーンのCMは切り口が違うなぁ!と
 感心したものです。
 みんな話題にしたでしょ?!
| 壱州弁 | 00:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
PR
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
なかのひと
今日のお天気は?
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM