スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |

白沙八幡神社(はくさはちまん)|壱岐市石田町

白沙八幡神社|壱岐市石田町

白沙八幡神社|壱岐市石田町
長崎県壱岐市石田町筒城仲触1012


壱岐を代表するビーチ、筒城浜(つつきはま)。その筒城浜のすぐそばにある、真っ白で大きな鳥居が特徴の神社です。

白沙八幡神社|壱岐市石田町
壱岐では一番大きな鳥居です。

白沙八幡神社|壱岐市石田町
どのくらい大きいか、タバコがわりにケイタイを置いてみました。(意味ない?)

白沙八幡神社|壱岐市石田町
そのとっても大きな鳥居をくぐると、すぐに小さな鳥居が。
なぜか普通の神社の鳥居よりも低い!
短足な鳥居ですね(失礼^^;)

白沙八幡神社|壱岐市石田町
まっすぐに伸びた参道が気持ち良いです。

白沙八幡神社|壱岐市石田町
着きました〜 周りが農地なので、空が広くて気持ちいいです。

白沙八幡神社|壱岐市石田町
普段は閉まっている扉を開いてパチリ。

白沙八幡神社|壱岐市石田町
カランカラ〜ン♪ パンパン。 むにゃむにゃ〜 っとお参りします。
今年も良い事がありますように

あなたにも良い一年でありますように♪


大きな地図で見る



JUGEMテーマ:壱岐の島

| 壱岐の神社 | 10:15 | comments(8) | trackbacks(0) | - |

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町
天手長男神社(あまのたながおじんじゃ)|長崎県壱岐市
長崎県壱岐市郷ノ浦町柳田大字物部田中触

※壱岐七社参りの番外編です。バーチャル参拝という体(てい)でご覧ください^^

延喜式明神大社また「壱岐国一の宮」神功皇后が三韓征伐の時に功があった、皇后親祭の由緒ある神社です。
ここの境内から壱岐郷土館に展示されている「弥勒菩薩像」が出土されました。


【祭神】
天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと) 天照国照彦天火明命(あまてるくにてるひこあまほのあかりのみこと)天手力男命 天うずめ命

【特殊神事】風止五穀成就祈願祭
【ご利益】五穀豊作祈願、開運祈願、成功祈願、家庭円満

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町 天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町
ここから約130段の階段を登っていきます。 ・・・が、上まで車で行く事ができます。

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町
雨上がりなどは土がぬかるんでるので、滑らないように注意です。
上にまた鳥居が見えてきましたよー

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町
息があがるほどではなかったです。 一の宮といって、由緒正しい神社です。神社関係に造詣が深い方々が、日本全国から来られます。

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町
全国の神社と比べると驚くほど質素ですが、気軽にお参りできる雰囲気はあります^^

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町さて、どんな事をお願いしましょうか?
一年を振り返っての感謝と、家内安全などなど。。

今からの時期は合格祈願などもいいのではないでしょうか?
センター試験ももうすぐです!(懐かしい^^)

天手長男神社|壱岐市郷ノ浦町こちらは天手長男神社の右側にある神社(?)で、中に赤ちゃんの産着が奉納されていて、安産祈願に良いといわれています。
壱岐島内では広く知られており、県外からも奉納されています。

ちなみにうちのチビくんも戌の日は、この天手長男神社で安産祈願して、無事安産でした


この神社のまわりは、ぐるりと一周できます。意外と見晴らしが良くて、壱岐に住んでる人も見慣れない景色じゃないでしょうか?
▼クリックで拡大します▼
天手長男神社からの眺め
写真左が郷ノ浦市街。写真右へと国道が走っていて、壱岐の島を南から北へ北上するルートです。


大きな地図で見る


JUGEMテーマ:壱岐の島

| 壱岐の神社 | 00:00 | comments(22) | trackbacks(0) | - |

興神社(こうのじんじゃ)|長崎県壱岐市

興神社|長崎県壱岐市
興神社|長崎県壱岐市
長崎県壱岐市芦辺町触湯岳興触676

もういくつ寝ると、お正月〜♪ という事で、初詣にはみなさんどこへ行かれますか?
大きな神社?それとも小さな神社へ?
壱岐の島には数多くの神社があります。そして、初詣では「七社参り」(しっちゃまいり)といって、七つの神社をお参りします。(忙しい人は三社参りをしたりもします)

壱岐七社
白沙八幡・興神社・住吉神社・本宮八幡・箱崎八幡・国片主神社・聖母宮

バーチャル七社参り^^ができるようにしたいなと思っています
それではいざ参拝〜♪ (コメントは自由コメントでお願いします)

興神社|長崎県壱岐市興神社(こうのじんじゃ)
主祭神 足仲彦尊息長足姫尊
相殿 應神天皇、仁徳天皇天手力男命、八意思兼神、住吉大神
例祭日 4月13日 神幸式大神楽奉奏

由緒沿革
一、当社は延喜式第十巻神明帳書載の壱岐嶋石田郡興神社である。社記に言う。往古壱岐伊宅郷国名村(湯岳村)国の一宮国分社で又官庫の鑰政所の印を納めていたので印鑰大明神と称したとある
一、神明記には興神社こう村以前は印鑰大明神式内社とある。
一、神社帳には湯岳村久保頭興神社一宮とあり式内二十四座の内宝殿拝殿あり神主吉野数之進とある。
一、嵯峨天皇弘仁二年十月(千二百年前)日御鎮座で文徳天皇仁寿元年(千百四十年前)正六位上に叙せられ以後十回にわたり各一階づつ神階を進められ給う
一、永禄九年(四百四十年前)宝殿再建  松浦肥前守源隆信公の棟札あり
一、同年 十三年 拝殿再建松浦肥前守源鎮信公
一、慶安二年(三百四十年前)国主松浦肥前守鎮信公 木鏡及石額奉納せらる
一、社記には例祭日の前夜大神楽翌例祭日には国主名代兵具や幣帛を献上するとあり又女池の行宮に渡御ありと記されている
一、壱岐七社の一つで明治九年12月4日村社に列せらる
一、明治四十年神選帛料進神社に指定せらる
(平成2年 御大典記念事業)

興神社|長崎県壱岐市
芦辺港と郷ノ浦港を結ぶ、県道173号線沿いにあって、白い鳥居が目立つ神社です。

興神社|長崎県壱岐市
奥へ奥へと進みます。 てくてく…

興神社|長崎県壱岐市
見えてきました。壱岐の神社は由緒正しい神社がとても多いんですが、建物はこじんまり。

興神社|長崎県壱岐市
お賽銭を入れて〜 2礼2拍手、お願い事や一年の感謝などを。 1礼。
みなさんはどんな事をお祈りしますか?

興神社|長崎県壱岐市
参拝を終えて戻っていると、小さな柿の木が。ふたつコロンと生っていました。
そのむこうでは、田んぼで野焼きの風景。田舎の冬の風景です。師走なのに、時間がゆっくりと過ぎています。

ハッ!次の仕事がっ! 時間よ止まれ〜



大きな地図で見る

JUGEMテーマ:壱岐の島
| 壱岐の神社 | 22:33 | comments(14) | trackbacks(0) | - |

願い事が叶う楠 - 住吉神社|壱岐市

住吉神社|長崎県壱岐市
長崎県壱岐市芦辺町住吉東触470

この住吉神社は、壱岐の真ん中あたりに位置していて、
国道沿いということもあり、大晦日には壱岐で一番人が集まる神社です。
この日ばかりは高校生も公然と夜更かしできるという事で
一大イベントとなっています。

神前式の結婚式もよく行われています。

住吉神社|長崎県壱岐市
「社伝によれば、住吉大神の守護によって三韓征伐を為し遂げた神功皇后が、その帰途現在の壱岐市郷ノ浦町大浦触に上陸して三神を祀ったのに始まるという(これを以て「日本初の住吉神社」を称している)。その後、神託により現在地に遷座した。延喜式神名帳では名神大社に列した。その他にも長崎県下筆頭神社を名乗っている。
明治4年5月に国幣中社に列格した」

住吉神社|長崎県壱岐市
うちのチビくんは初めての場所に興味津々で、スタコラ歩いていきます。
じっくり写真を撮るヒマもありません★

…という、
壱岐の神社紹介かと思いきや、今日はここからが本題。
なんと【願い事が叶う楠の木】というものがあるんです

住吉神社の夫婦楠

住吉神社の夫婦楠楠の木は、古い葉が落ちても、次々と新しい葉が現れる「常緑樹」です。そのことから子孫繁栄の象徴として考えられました。
この神社を訪れる人は、この木を長寿・縁結びの神様と考え、この木の周りを一周回れば願いが叶うとも信じられています。
(男子は左まわり、女子は右まわり)
根は一つにして、地上のすぐのところから目通り4.0mと3.4mの二つの雌雄の幹に分かれ、根元のまわり6.9mで有り、古くから夫婦楠として住民からしたわれており、結婚式などの折は大変喜ばれています。
どうぞ願い込めて、お回り下さい。



…という訳で、回ってみました!

みなさんも、思い思いの願い事をしながら、ご覧下さい
みなさん、どんな願い事をしますか?

▼男性はこちら


▼女性はこちら





JUGEMテーマ:願い事
| 壱岐の神社 | 19:24 | comments(30) | trackbacks(0) | - |

男嶽神社|壱岐市芦辺町

以前書いた男女岳ダムの記事で、ダムを見下ろした写真↓はこの男嶽神社にある展望台から撮ったものでした。 というわけで今日は、男嶽神社について。。
男岳神社展望台からの眺め

男嶽神社 (おんだけじんじゃ)
長崎県壱岐市芦辺町箱崎諸津触

猿田彦命(さるたひこのみこと)が祭神。
拝殿横の石段には200体を超す石猿が並んでいる。家内安全、合格祈願、子宝祈願など、願掛け、成就に奉納されたもの。

最初は牛の健康や繁殖を祈願し石牛を奉納していたというが、今では石猿が圧倒的に多い。新しいもの古いもの、さまざま表情が入り交じって楽しい。

男岳は山全体が御神体で人は入山できず、麓から参拝していたというが、いまは境内まで車で行くことができるようになった。

壱岐で二番目に高い男岳展望所からは全島が見渡せる。

 -壱岐市観光案内HPより-

男岳神社の鳥居
壱岐で二番目に高い男岳山(おんだけさん)だけあって、見晴らしが良く、気持ち良いです♪
この写真の右に見えている階段を昇ると展望台です。

男嶽神社
古くて小さい神社ですが、由緒正しそうな神社です。この男岳山(おんだけさん)の向かいには女岳山(めんだけさん)に女嶽神社もあります。歴史は古そう。

男嶽神社の石猿群
小さな頃から男嶽神社は有名でした。理由はこの石猿群。
祭ってある猿田彦命(さるたひこのみこと)にちなんで新旧の石猿が佇んでいます。

男嶽神社の石猿群
見ザル・言わザル・聞かザル。くっついてるのがかわいい♪

男嶽神社の石猿群
こちらも見ザル・言わザル・聞かザル。一番多い種類でしょう。

男嶽神社の石猿群
このお猿さんはおにぎりを持って微笑んでいます☆カワイイ♪左足がイイですね〜

男嶽神社の石猿群
肩を組んで握手をしています。いつまでも仲良くね☆

実家の近くに月読神社(つきよみじんじゃ)という神社があって、そこにはよく行きますが、この男嶽神社は二番目によく行く神社です。(景色を楽しむ為ですが^^)


壱岐には小さいながらもたくさんの神社があります。父が神社や郷土史に詳しいので、父に聞きながら神社もシリーズにしていきたいと思っています


| 壱岐の神社 | 23:57 | comments(14) | trackbacks(1) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
PR
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
なかのひと
今日のお天気は?
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM